トップ > メールマガジン > 2015年12月25日号

メールマガジン 2015年12月25日号

第33号 



藤沢法人会 メールマガジン会員の皆様

今年もいよいよあと数日となりました。皆様のお仕事はどのような一年だったでしょう?
本格的な景気回復は実感しませんでしたが、それなりに手応えのあった方も少なくないのではないかと思います。
皆さん暮れのお忙しいところでございましょうが、今月もメールマガジンに数分間お付き合いください。今年最後のメールマガジンは概ね経済の話題で来年を展望しつつお送りしてまいります。


▼今月のトピックス!▼

  1. 2015年度税収、24年度ぶりの高水準に

  2. 景気予測、大企業と中小での乖離

  3. 新年度予算案での政策経費、過去最大に

  4. 軽減税率、外食を除く食料品全般で

  5. 雇用保険料を4年ぶりに引き下げ

  6. 東京五輪運営費は当初6倍の1.8兆円に

  7. 77%の人が年末の大掃除を行う


2015年度税収、24年度ぶりの高水準に

2015年度の一般会計での税収が当初見積もりの54兆5,250億円より1兆5千億円上回る56兆円台になる見通しが明らかになりました。1991年以来の高水準となります。企業収益の拡大による法人税収の伸びに加え、賃上げを背景に4~10月の所得税収が前年同期1割ほど上回っています。政府は、税収の上振れ分は2014年度予算の剰余金と合わせ、2015年度補正予算案の財源とすることを計画しています。


景気予測、大企業と中小での乖離

財務省と内閣府が発表した10~12月期の法人企業景気予測調査によると、大企業の景況判断指数(BSI=「上昇」―「下降」)はプラス4.6だったが、中堅企業はプラス3.5、中小企業はマイナス7.7となり、大企業と中小企業との乖離がみられました。いずれも前回調査時点での見込みよりも下回っています。財務省では「緩やかな回復基調が続いている」との認識を示していますが、エコノミストは「中国をはじめ海外経済の減速もあり不透明だ」と指摘しています。


新年度予算案での政策経費、過去最大に

2016年度政府予算案で、一般会計総額は過去最大の93兆円規模に達しました。このうち、社会保障や公共事業などの政策経費は過去最大の76兆円台になり、年金や医療といった高齢化を背景にした社会保障費の伸びが背景にあり、前年度当初予算より約3兆円が膨らみました。


軽減税率、外食を除く食料品全般で

消費税率10%引上げ時(2014年4月)に軽減税率の適用対象品目について、外食を除く食料品全般とすることで自民党と公明党が合意しました。当初、生鮮食料品を対象とすることで減税財源は3,400億円としてきましたが、合意内容での加工品全般となると、必要財源は1兆円と2.5倍に達することになりました。不足財源の手当てについては、たばこ増税も候補として挙がっているが、先送りとしました。


雇用保険料を4年ぶりに引き下げ

政府は労使が折半で負担する雇用保険料を来年度から現行の1%を0.8%に引き下げる方針を固めました。4年ぶりの引き下げとなった背景に、失業手当の積立金が6兆2千億円を超えるなど雇用保険財政が安定したことに加え、完全失業率が20年ぶりの低水準にあることで判断しました。一方、企業が賃金の0.15%負担している子育て支援策の財源である「事業主拠出金」料率は引き上げるとしています。



と言うことで、税収が増えてきつつあるものもどんどんと使って、そして消費増税に向けて新しい年度の政府予算が組まれております。経済がもっともっと活性化されることを期待しますね?
ところで、東京オリンピック開催まであと4年になるわけですが・・・


東京五輪運営費は当初6倍の1.8兆円に

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と東京都の試算によると、大会運営費は1兆8千億円に上ることが明らかになりました。資産には、新国立競技場の建設費は含まれていません。当初、東京五輪「立候補ファイル」で示した運営費は組織委員会が3013億円としていたが、約6倍まで膨れ上がった背景には、物価高騰とテロ対策強化などの影響を「最大限考慮した」としています。



さて、皆さんはそろそろ会社もご自宅も大掃除もされるのでしょうね?


77%の人が年末の大掃除を行う

ダスキンが20歳以上の男女を対象に今年の年末の大掃除の予定を尋ねたところ、77.4%の人が「する」と回答したことが分かりました。今年の大掃除を予定している日を尋ねると、「12月27日」が最多の34.2%で、「26日」(26.8%)、「29日」(26.5%)が続いた。昨年の大掃除で要した日数を尋ねると、「3日間以内」が最多でした。また、最も汚れが落ちにくかった場所では、「レンジフード・換気扇」「浴室」「キッチン」の順で挙げられました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うことで、今年も一年、藤沢法人会のメールマガジンをご愛読いただきありがとうございました。 来るべき新年が明るく楽しい年でありますことを祈念しております。