トップ > メールマガジン > 2016年4月27日号

メールマガジン 2016年4月27日号

第37号 



藤沢法人会 メールマガジン会員の皆様

4月も末、ゴールデンウイークはいかがお過ごしになるご予定でしょうか?
最大10連休という会社もあるようですね? さて、今月もメールマガジンにお付き合いください。

熊本で大きな地震がおきました。都市機能は徐々に回復しつつあるようですが、家屋倒壊で避難生活を送っている人々のご心痛は察するに余りあるものがありますね?

政府も補正予算を立てて被災地の復興を第一に考えているようです。
そんな状況の中で来春の消費税の10%増税はどうなるのでしょうか?


▼今月のトピックス!▼

  1. 米教授が来年の消費税増税先送りを提言

  2. 軽減税率対応での補助は中小を限定に

  3. 軽減税率適用の線引き例をHPで公表

  4. 2017年の日本はマイナス成長に

  5. 2015年度訪日客、初の2千万人突破

  6. ラニーニャ現象で暑くなる今年の夏?


米教授が来年の消費税増税先送りを提言

政府による「国際金融経済分析会合」に招聘されたノーベル賞経済学賞受賞者の米教授のスティグリッツ教授は来年4月に予定されている消費税率10%の引き上げを先送りすべきとの見解を示しました。同氏は2016年の世界経済はさらに弱体化することを挙げて、増税を行うべきではないとしています。また、金融政策には限界があり、財政政策をとることが重要だとの見解も示しました。


軽減税率対応での補助は中小を限定に

経済産業省が消費税の軽減税率導入への対応する小売業などへの補助金を1事業者あたり200万円までとする方針を固めました。レジスターの改修や買い替えを支援するもので、200万円の上限を超えたものについては自己負担となります。補助金の支給対象は、小売業では資本金5千万円以下で従業員50人以下、宿泊などのサービス業では従業員100人以下とする考えです。同省では30万程度の事業者の補助金申請を見込んでいます。


軽減税率適用の線引き例をHPで公表

国税庁はホームページ上で、来春予定の消費税率10%引上げの際に導入する軽減税率制度の適用対象とする線引き例、通達やQ&A方式について公表しました。軽減税率は酒類と外食を除く飲食料品などに本来の税率10%ではなく軽減された8%の税率が適用されるが、今回の公表で消費者や事業者が判断に迷いそうな事例を示しました。同庁では今後寄せられる質問も踏まえ内容を拡充するとしています。


2017年の日本はマイナス成長に

国際通貨基金(IMF)が2017年世界経済見通しで、日本の成長率はマイナス0.1%となり、これまでのプラス成長から転落するとの予測を発表しました。IMFでは日本のマイナス成長の予測理由として「消費税率10%引上げや、高齢化で働き手が減少し中長期成長見通しも弱く、さらに新興国経済の減速が響く」と指摘しています。世界全体では3.5%、先進国全体で2.0%、新興国・途上国全体で4.6%の成長をそれぞれ予測しています。



さて、話題を変えましょう。


2015年度訪日客、初の2千万人突破

日本政府観光局は2015年度訪日外国人数が前年度比45.6%増加の2135万人に達し、初めて2千万人を突破したと発表しました。円安やビザ発給要件の緩和、格安航空会社を中心としたアジアでの国際航空路線の拡大などが訪日客数の増加に寄与しました。政府は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年の目標を現在の2倍の4千万人に引き上げ修正しています。


ラニーニャ現象で暑くなる今年の夏?

気象庁は、6月までにエルニーニョ現象が終息、代わって8月までにラニーニャ現象が発生するとの見通しを発表しました。ラニーニャ現象は太平洋の南米ペルー沖での海水温が低くなり、温かい海水が太平洋の西側に押しやられ、日本付近では太平高気圧に覆われやすくなります。このため、日本は夏が暑く、冬が寒くなることが多くなることが想定されます。ラニーニャ現象が始まった2010年の夏は北日本や東日本は記録的猛暑となりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで夏も近づいているわけですが、藤沢法人会の本部総会や観劇会などの各種イベントごともスケジュールをチェックしておいてください。



平成28年(公社)藤沢法人会 第4回通常総会開催のご案内

(公社)藤沢法人会定款第4章第13条に基づき下記により第4回通常総会を開催致したく存じますので、会員各位におかれましては、諸事ご多用の折から誠に恐縮に存じますが、是非ともご出席賜りますよう、よろしく御願い申し上げます。

【 記 】
日 時 : 平成28年6月14日(火)
受付・午後1時30分より 研修講演会開会・午後2時00分
総会開会・午後4時00分、懇談会・午後5時30分~午後6時50分

場 所 : 湘南クリスタルホテル沢市 南藤沢 14-1 TEL.0466(28)2111

研修講演 : 「 地域づくりと人づくり 」

講師:片 山 善 博 氏
<前鳥取県知事、元総務大臣、慶應義塾大学教授>
1951年岡山市生まれ。1974年東京大学法学部卒業、自治省に入省。
能代税務署長、自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官、鳥取県総務部長、
自治省固定資産税課長などを経て、1999年鳥取県知事を2期務めた。
2007年4月慶應義塾大学教授。2010年9月から2011年9月まで総務大臣を務めた。
同月慶應義塾大学に復職し現在に至る。
主要著書に、「片山善博の自治体自立塾」(日本経済新聞社2015年)、
「日本を診る」(岩波書店2010年)など多数執筆。
テレビ出演は、「時事放談」(TBS)、「新報道2001」(フジテレビ)、
「報道ステーション」 (テレビ朝日)など。

会 費 : 3,000円(懇談会出席の方のみ徴収させていただきます)

それでは素敵なゴールデンウィークをお送りください。